My sweet honey garden

日々の小さな発見、楽しい事を綴っちゃう♪
月別アーカイブ  [ 2011年08月 ] 

水羊羹

先日、本屋をうろうろとしていたらこんな本を発見。

すっと目に留まり手に取ってみた。


向田邦子 その美と暮らし (ムック/和樂ムック)向田邦子 その美と暮らし (ムック/和樂ムック)
(2011/08/18)
向田 和子

商品詳細を見る


「向田邦子 その美と暮らし」

何故この本に目がいったかと言うと、
実はこの前夜にNHKの「グレーテルのかまど」
と言う番組を偶然みたから。
第一回放送の特集は「向田邦子の水羊羹」。
なんだろう?と思って観ていたんですが、
向田さんは大変美食家で美味しいものが大好き。
特に水羊羹は自称「水羊羹評論家」という程の好物で
その形や味だけでなく、食べるシチュエーションにまで
拘りがあったとか。

水羊羹の切口と角のあり方、
桜の葉っぱの座ぶとんを敷いている効用、
水羊羹の色、固さ、水羊羹はふたつ食べるものではない。
新茶の入れ方、取皿のこと、
どんな光の下で食べるか、ムード・ミュージックは。
水羊羹が一年中あればいいという人もいますが、
新茶の出る頃から店にならび、
うちわを仕舞う頃にはひっそりと姿を消す、
その短い命がいいのです。

番組ではそんな情報を織り込みながら、
不思議な空間で俳優・瀬戸康史君が
レシピを基に水羊羹を作りあげていた。

しかし偶然とは言え何故今向田邦子?
・・不思議に思ってネットで調べたら
今年の8月22日で没後30年だという事が解った。
そんなに経つんだ・・・まだ10代だったけど
そのニュースは鮮明に覚えてる。
当時51才で前年に直木賞を受賞し、
さあ作家としてもこれから・・・という時だったそう。

向田邦子さんと言えば
「寺内貫太郎一家」「時間ですよ!」
まだ私は小学生だったかな?? 
ホームドラマ全盛の時代、夢中でみてました。
懐かしいなあ~、ああこのドラマの脚本も
向田邦子さんだったのねなんて驚いたり・・・。

本は妹の和子さんから見た姉が描かれているのですが、
旅と美味しいものが大好き、凝り性でせっかち、
なかなかお茶目で面白い方だったんですねえ。
立ち読みだけと思ったんだけど、
写真も美しく、内容も興味深い。
ちょっとお高めなのでとりあえず本棚に戻したけど。
もしかしたら買ってしまうかも♪


でね、何だか前夜の番組の映像もあり、霧消に
水羊羹が食べたくなって
和菓子の餡子が苦手な私が「水羊羹が食べたい!」
なんて思う事無いんだけどね。

本屋の帰り、近くの和菓子屋さんで水羊羹を
自分の為に買ってしまった私。
めずらしい~~~~
お茶を入れて、水羊羹を食べました。
あら、お、美味しい・・・・・!!

水羊羹、好きになってしまったかも?

スポンサーサイト
 [ 2011/08/30 22:03 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
プロフィール

Author:でこrin
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR